ハロウィーン・ポップンライブを振り返る【10/30しんたろー鑑賞記】 – 東京ディズニーリゾート(TDR)の気になるネタ

ハロウィーン・ポップンライブを振り返る【10/30しんたろー鑑賞記】

こんにちは、しんたろー(@kininaru_disney)です!今日はクリスマスメニューをいけるところまで飲み食いしてきます!
さて、今年から始まったディズニーランドのハロウィーン新規パレード「ハロウィーン・ポップンライブ」。
今までとは少し違うスタイルのパレードでしたね。先日最後に鑑賞したときの写真も含めて、少し振り返りたいと思います!

停止位置が多い、テンポ早い

img_9701ハロウィーン・ポップンライブ(以下:ポップン)が従来のパレードと違う大きな点は、停止位置の多さでしたね。
各フロート、合計で9箇所停止していました。
img_9690その分フロートの移動スピードも早く、停止している時間も短かったです。
なので、普通のパレードと比べて「あれ、もう終わり?」みたいな感じを受けました。
同じ場所で2回別々のフロートが止まってくれるのは良かったと思います。

フロートの位置が高いので立ち見が人気

img_977210/30はハロウィーン期間最後の日曜日でしたが、パレード開始1時間前でも割と空いていた印象。
ポップンはフロートのキャラクターがいる位置が高いので、座り見だとかなり見上げる格好になります。
なので立ち見最前の方が埋まりが早かった気がしました。
img_9762ダンサーさんやゴースト、ガイコツ目当ての方は座り見を狙うでしょうけども(¬_¬)

キャラ好きはフロートと並行して移動

img_9823しんたろーが地蔵(※)組の数が少ないと感じた要因に、恐らく停止位置の多い事が挙げられると思います。
以前にも一度お話しましたが、ポップンを鑑賞して気づいたのはキャラクターを狙うゲストの多くが、好きなキャラクターのフロートに合わせて移動している事。
停止位置が多いので比較的容易にフロートへ追いつけるんですね。
img_9799カメラを持ったゲストが大勢で移動してきて、目当てのキャラクターを一斉にパシャパシャ。
キャラクターが移動し始めると、ゲストも全員小走りで移動。こんな風景をよく見ました。
この事から、キャラクター好きが地蔵しないので地蔵の総数が少ないんだと思っています。
(※地蔵・・・ショーやパレードを長時間待つ行為の事。)
img_9863従来のパレードと比べると、ハロウィーン感はあまり感じられないものでしたが評判は良かったですね。
また来年のハロウィーン、パワーアップして帰ってきてくれる事を期待しています!
アディオス!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*