どんな高級車よりも特別。「グランドサーキット・レースウェイ」本日クローズ – 東京ディズニーリゾート(TDR)の気になるネタ

どんな高級車よりも特別。「グランドサーキット・レースウェイ」本日クローズ

こんにちは、しんたろー(@kininaru_disney)です!
ついに本日、グランドサーキット・レースウェイがクローズします。正直僕も頻繁に乗っていた訳ではないので偉そうな事は言えませんが、少しお話させていただければと思います。

生まれ変わるファンタジーランドの為にクローズ

img_2254ディズニーランドのトゥモローランドエリアにある「グランドサーキット・レースウェイ」は、ディズニーランド開園当初からあるアトラクションで、本物のガソリンエンジンで動くカートに乗ってコースを一周する事ができます。
お隣にあるファンタジーランドが今後、大規模な改修・拡張を行う為に、残念ながら本日でクローズとなります。
グランドサーキット・レースウェイはコースが意外と広いですからね。この場所に新施設を建て、有効に活用したいというのが狙いでしょう。

乗車証明書を配布。ファイナルラップ・キャンペーン

img_0070
グランドサーキット・レースウェイでは昨年11月21日から「ファイナルラップ・キャンペーン」を行なっており、期間中にアトラクションを体験したゲストに乗車証明書を配布していました。



第2弾デザインの乗車証明書は本日まで配布されています。

普段のドライブとはまた違う、特別な時間

img_2253グランドサーキット・レースウェイは、カート自体が脇道に逸れないようにレールが敷いてあるのと、スピードもそこまで出ない事、前方後方のカートとの距離が近付き過ぎるとそれ以上進まなくなるようになっているので誰もが気軽に楽しめるアトラクションでした。
まだ運転免許を持っていない子供たちでも、街を走る車と同じガソリンエンジンで動くカートを運転できるのはとても貴重な体験だと思います。
img_0071ディズニーランドにほとんど行かないという方でも、「なんかこのカート乗った事あるなー、懐かしいなぁ」と感じる不思議な乗り物。
img_9480img_9466img_9469img_9473小さな時お父さんやお母さんと一緒に乗って、高校生くらいになって友達とパークへ遊びに行った時にその記憶が蘇ってまた乗って、家族ができて自分の子供が運転するカートにまた乗って。以前も使った言い回しで恥ずかしいのですが、「想い出のリレー」みたいで良いよなぁと。
img_2293img_2299img_2310他にもアトラクションはいっぱいあるし、どのアトラクションでも想い出のリレーはできると思います。でも他のアトラクションとはちょっと違うのが、現実世界でも実際に体験するリアルなアトラクションだという事。
img_2329普段は親が運転するのを見ているだけですが、ここでは自分が運転できる。こんなに興奮する事はないでしょう。
親の立場にしても、本当はあと十数年くらい経たないと自分の子供が運転する車の助手席には乗れないのに、一足早く乗れちゃうのはちょっと嬉しかったんじゃないかな。
img_2337img_2339img_2342img_2344運転席はちょっと狭いし、スピードも出ない。カーナビも音楽もない。でも子供達はもちろん、大の大人がなぜかみんな笑顔で運転しているのはきっとそういう小さいときの温かい記憶が残っているからですよね。
明日以降、この場所にはもうカートのエンジン音と笑い声は響かなくなりますが、新しい施設ができて再び笑い声が響く場所になるまでしばしお別れです。
img_2345レッツゴー!!アディオス!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*